「農」を「楽」しみ、「農」を考える。
member_top.gif(2999 byte)

2016/12/10

こんにちは、はじめまして。

みかん王国 和歌山出身の1年広田です。

昨日、東大みかん愛好会さまと、早稲田キャンパス生協前でみかんを配布しました。

なんとなんと!総計1000個以上受け取っていただきました!

東大みかん愛好会の皆さま、生協の皆さま、みかんを受け取ってくださった皆さま、本当にありがとうございました。

私は和歌山県出身なので、他県産のみかんはライバルだと思っています。しかし昨日佐賀産のみかんを食べて、佐賀のみかんもやはりおいしいと思いました。

さらには、和歌山産と佐賀産を食べ比べ、微妙な味の違いが分かりました。産地によって味が変わるのは面白いですね。

また、和歌山では、みかんの皮は裏から実ごと割って食べるのが一般的です。しかし、みかんの皮を剥いている人を観察すると、実を丸く残したまま剥く人やヘタの方から剥く人、皮を細かくちぎって剥く人など様々で、地域や個人で皮の剥き方が違うという発見があり、驚きました。

他大学と協力してこのような活動を行うのは農楽塾にとって初めての試みでした。他大学と交流ができ、とても刺激的でした。

また、予想以上に皆さんが好意的に受け取ってくださりました。皆さんのみかんへの愛が伝わってみかん好きとしては大変嬉しかったです。より多くの人にみかんを好きになって欲しいです。


© 2007 農楽日記. Blog theme by themesforblogs.com, debt consolidation.